Archive | 7月 2018

夏の風物詩といえば…

お盆も終わったばかりだというのに、ずいぶん涼しくなってきた。今までが暑すぎたということもあるのだろうけど、この温度差は気を付けてないと体調崩しかねないよ。休み明けに夏風邪引いたなんて目も当てられない。気をつけよ。

実家ではゆっくり過ごすことが出来た。ビール片手に甲子園観戦はどこの家でも夏の風物詩だろうな。炎天下の中で精一杯プレーする選手や応援に声をからす応援団の皆さんには、涼しい中でテレビ観戦している者として若干の後ろめたさを感じつつビールをグビリ…最高に美味い!

それにしてもいつも思うのが、沖縄や北海道代表校応援団の旅費のこと。沖縄はやっぱり飛行機かな?北海道はフェリー?いずれにしても甲子園から遠方の学校はかなりのお金がかかると思われ、その資金調達には頭を悩まされているのだろうな。嬉しい悲鳴なんだろうけど。まあそんな理由で懐が涼しくなる分にはいっこうに構わないな~いつかは我が母校も甲子園出場を願う。

 

This entry was posted on 2018年7月28日, in 日々の話.

引越しをしてしまった近所の家

私は、今新興住宅地に住んでいて、息子を習い事の送り迎えのため、散歩を週に2回は行っています。

そして、気がついたことがあるのですが、近所の目の前の家に大きなトラックが停まっていることに気づきました。けっこう配送など荷物を持ってきてもらっている家が多いので、そういった宅配関係かなと思っていました。しかし、よく見ると引越しという文字がそのトラックに書かれていて、その家の人が引越しをしてしまうことに気づきました。

新興住宅地なので、新しく引越してくる方はけっこう多いのですが、逆にどこかへ越してしまうという人はそれほど多くありません。なぜなら、家などもまだ新しいですし、建てたばかりの家が多いからです。

このため、なぜ越してしまうのだろうか…とちょっと不思議に思ってしまいました。家によって色んな事情があると思うのですが、新しい家があるのに、越してしまうというのは見ていて寂しく感じてしまいました。

This entry was posted on 2018年7月18日, in 日々の話.