Archive | 3月 2016

いつか夢のマイホーム

27歳で結婚してから14年の間に6回住処を変えた。

最初に住んだマンションはリビングは日当たりがとても良いが、玄関やダイニングは窓もなく暗い部屋だった。それがどうしても嫌で物件の条件として日当たりは欠かせないものになった。

子供が生まれる年には念願の一軒屋を借りた、日当たりも広さも収納も水周りも築年数の割には十分だったが、生活していくうちに間取りの不便もたくさんみつけた。

狭いマンションの反動で広い間取りを借りたけど、それぞれ良いところも悪いところあるなと思う。

また贅沢言えるならマイホームをもつ時期のポイントもあるなと思う。

まだ小さくて手のかかる赤ちゃんの家庭ならコンパクトな部屋で生活するほうが便利だし、

反対に5歳くらいになると広い部屋でのびのび遊びくつろぎ、子供部屋も必要になってくるだろう。

我が家の子どもは8歳と4歳になった、そろそろマイホームがほしいと思う。

できるなら台所仕事をしながら家族の姿が見える対面キッチンは外せないと思っている。

イメージとしては北欧インテリアのような広々とした温かみのある雰囲気が好きだ。

お金がかかるのでなかなか簡単には手に入らないが、いつかは夢のマイホームを持ちたいと思う。

This entry was posted on 2016年3月3日, in 日々の話.

小じわを目立たなくする方法について

小じわが増えてきた、と悩んでいる方も少なくありません。

ある程度年を取ると、小じわなどができやすくなり、こういった小じわで悩んでいる方も多いです。

小じわが多いと、老けて見られやすくなってしまいますし、できるだけ若く見られたい、というのであれば、小じわが目立たないようにする必要があります。

小じわを目立たなくするためには、小じわを隠せる化粧方法などもあり、メイクで隠すという方法がありますがあまりやりすぎてしまうと、厚化粧になってしまい、逆に老けて見られる原因となりかねません。

最近では、小じわを医療的な技術を使い、目立たなくする方法などもあり、美容外科などでこういったしわを目立たなくすることもおすすめです。この場合には、費用が掛かりますが、化粧品で隠すよりも、見た目的には効果的であることが多く、長続きしやすいというメリットがあるのです。

This entry was posted on 2016年3月2日, in 日々の話.

緊張性頭痛から「あ、ニートってそうだよな」となんだか連想した自分でした

本人の三人に一人は頭痛持ちなのだそうです。とあるブログで読みました。

緊張性頭痛というのは、確かにあるようです。

ネットのやりすぎ、眼鏡が合わない、肩が凝っているなどが理由なのだそうですよ。

そうかと思って、ふと連想したニートの俳優画像。

ニートのイメージというのが、もじゃもじゃの頭に太っていて、眼鏡をかけて、ゲームばかりやっているタイプで、そうかニート俳優と思っていて、自分もニートといえばニートだなと思いました。

そうか世間はそういう風に俺を見ているのかと思いましたが、何だか若い頃は反骨心があったのですけど、今はもう死ぬまでニートでいいやって感じがしますね。

無理して勤めなくても金は入る。それでいいではないかと思っています。

更に連想していきましたが、頭痛が本当に酷くなって内科で出してもらった頭痛止めの薬をよく飲んでいます。これが結構効果的で嬉しいです。

This entry was posted on 2016年3月1日, in 日々の話.