「そろそろ辞めたい…」理想の保育士求人

職場の人間関係、園の雰囲気、残業やこなす仕事の多さ…。外からでは魅力的に感じた保育園。実際に働いてみると「こんなハズでは無かった…」と待遇や職場環境に対する不満を訴える方も多いみたいです。「理想的な保育士求人の探し方」にはどんなモノがあるでしょうか。

理想的な「保育士求人」を探すためには、まず「保育士求人サイトにプロフィールを登録すること」から始めてみましょう。保育士さん専用の求人サイトの多くが、「名前、住所、電話番号、メールアドレス」など簡単なアドレスを入力するだけで、登録を済ませることができます。保育士求人サイトの一部では、登録したユーザーだけしか見ることのできない「非公開・求人」も多く掲載されています。

「非公開求人」とは一部のユーザーだけしか見ることのできない、とっても貴重でおトクな情報のこと。少しでも多くの「募集内容や採用情報をチェックすること」が転職活動するときには、重要なエッセンスとなります。サイトは複数チェックして、自分の性格やタイプに合ったものをチョイスすると良いでしょう。

また病院保育士の採用情報を見るときには、自分がどんな職場に就きたいのか、具体的なイメージをあらかじめ思い描いておくことで「こんなハズでは無かった…」という悲しきミスマッチを防ぐことができますよ。具体的なイメージとしては、たとえば求めるお給料の範囲、福利厚生、賞与のありなし、職場環境、通いやすさ(アクセス)、職場の大きさ(大企業か小規模か)、一般的な保育園の保育士か、病院内の病院保育士か…。頭の中だけでは、こんがらがってしまう方は、メモなどに「自分の思い描く理想の職場」を書き表してみましょう。

またこのときに「優先順位をしっかり付けておく」ことも大切になります。優先順位をシッカリつけてあげることによって、大量の保育士求人のなかから、より理想に近い「理想の職場環境を見つける」ことが可能になります。また優先順位があることによって、良い意味での「妥協」もしやすくなります。「給料がよい、福利厚生が充実、ボーナスもたっぷり、職場環境がよい…」こんな夢のような職場を探すのは、とっても困難ですよね。

自分なりの線引き、良い意味での妥協点、そして絶対には譲れないポイントを決めておくと、スムーズな転職、求職活動ができると思いますよ。