ガンに打ち勝ち己に打ち勝つ

乳がんが発見されたのは、市の健康診断。
幸いにも非浸潤癌だった。
切除さえすれば完治とのことで乳房4分の3を切除しがん細胞摘出。4泊5日の入院。
『人は、大病すると自分の人生について振り返り「これで良かったのか、こんなはずじゃなかったのに」と、たいがい悲観的に考えはじめ、心の病になっていくものです。残念なのは、心の病になってしまったことにさえ気づかずに一生過ごしていく人もいるのです。』とメンタルクリニックの先生がおっしゃっていた。
私もそのとおり、人生最悪の精神状態に追い込まれ「自分で選んだ人生、なんて哀れなんだ」と自分の愚かさに毎日毎日涙を流して、地に足もつかぬ状態で生きていた。
メンタルクリニックの先生のもとへ通いながら、自分からいっさいの感情がなくなり笑えなくなってしまったことに自ら気がつき、危機感を感じるようになれたことは幸いな事だ。
ここから脱出できるよう何とか踏ん張りたい。