不倫は法に違反する可能性がある

不倫は基本的に既婚者同士が体の関係を持ってしまったり、片方が既婚者であっても体の関係を持ってしまうと不倫扱いになります。

不倫は、民法の不貞行為になるので結婚している人が結婚相手以外の異性と体の関係を持ってしまうと法に違反する可能性が高いです。結婚相手に不倫している事がばれてしまうと慰謝料を請求されたり、離婚に発展する可能性があるので注意します。

また、独身の人も既婚者と不倫するとその既婚者の人の結婚相手から慰謝料を請求される可能性があるので不倫をしない事が一番大事です。もし、好きになってしまった人が既婚者である場合は、諦める事が必要です。諦める事はつらい事ですが、大きな問題に発展しないためにも既婚者との恋愛は避ける必要があります。もし、自分が将来的に不倫をしてしまいそう、浮気癖がある場合は結婚しない事がお勧めです。

独紙の人は独身の人と恋愛関係を持つ事が大事ですし、既婚者の人は結婚相手の人に愛情を注ぐようにする事が必要です。以上のように、不倫は立場によって法律違反ですから注意しなければいけないです。