個人事業主に顧問税理士は必要なのか

広尾には、たくさんの広尾 税理士事務所がありますが、個人事業主の方で、税理士に依頼するべきかどうか悩んでいるという方はとても多いと言えるでしょう。

ネットビジネスや、副業で稼いでいるという方は、多く、青色申告届けを出して、開業している方も居ます。そんな中で、毎年の確定申告の手間に悩んでいるという方も多いでしょう。

そこで、個人事業主の方の、税務処理に関することですが、その事業規模、収入にもよりますが、会計ソフトなどを使い、自分自身で確定申告をすることも出来ると言えるでしょう。

今は、確定申告を支援するためのコーナーがあったり、税務署によって記帳指導などが行われていますので、簡単な確定申告程度ならば、自分でも出来ると言えます。

しかし、事業の規模がある程度大きい場合や、帳簿付けなどの税務処理に追われていて、大変であるという場合には、税理士を雇ってしまった方が本業に集中できて、効率が良いとも言えるでしょう。

特に、青色申告となると、最低限の簿記の知識がなければ、疑問点が数多く出てくることになってしまいます。そうなるとアドバイスを受けなければ、難しいこともたくさんありますので、労力と手間を考えると、税理士に依頼をした方が得策であると言えるでしょう。

広尾の税理士の顧問料に関してですが、やはり税理士事務所によって、違いますので、比較をして調べてみる必要があります。しかし、確定申告のみの対応で、記帳がいらないのであれば、月数千円で済む場合もあります。

また、個人事業主を対象にしている税理士もたくさんいて、こういった税理士であれば、一般の税理士事務所よりも良心的な価格で、個人事業主に関する依頼を受けていることが多いです。

まずは、広尾の税理士事務所のホームページなどを見てみて、顧問料などを含めて、よさげなところを探してみるようにしましょう。

しかし、フリーのライターのように、記帳がそれほど必要がない職種もあれば、たくさんの領収書やレシートが発生するような自営業もありますので、一概に顧問料はこうであると言えない場合があります。この場合には、応相談という形で、一度相談に乗ってもらうことが必要であると言えるでしょう。