私とファゴット、管楽器をはじめてわかったこと

私は普段学校のオーケストラサークルに所属してファゴットを吹いています。

ファゴットというのは主にクラシック音楽に使われる木製の管楽器で、低くてあたたかい、優しい音がします。

もともとは高校で吹奏楽をやっていたのですが、オーケストラもやってみたいと思い大学生から転向しました。

オーケストラと吹奏楽では、ファゴットの役割は随分と違います。吹奏楽では面白&リズム担当、つまりひょうきんな部分や低音楽器としてのリズムを刻む部分が多かったのですが、オーケストラでは、もっと歌を歌うような、優雅に流れて高い音のフルートやオーボエを補佐する部分が多く、なんだか新鮮な気持ちです。

もちろん吹奏楽も続けています。高校の卒業生で組んだ吹奏楽団で昔の仲間たちと演奏するのは、懐かしくもあり、久しぶりに共にやることで新鮮でもありとても楽しい時間です。

もともとピアノを弾くことが趣味で、音楽自体は大好きだったのですが、管楽器を始めたことで、人と共に奏でる楽しさを知れたように思います。これからも共に演奏を楽しめる相棒として、ファゴットを大切にしていきたいです。