相続放棄をするときに考えなければならない3つの注意点

一般的に遺産相続といえば、プラスばかりのように感じることが多いと思われますが、遺産相続は被相続人の財産のすべてを相続するということになります。被相続人の遺産は不動産や現金のようにプラスの財産もあれば、借金や住宅ローンの残債のようなマイナスの財産もある場合は都合よくプラス財産だけを相続するということは出来ません。遺産相続はプラスの遺産もマイナスの遺産も一括して相続するということなのです。しかし、相続人から考えてみれば、マイナスの遺産が明らかに多い場合には遺産相続を一切しない方が利益に叶うことも少なくありません。そのような場合にはマイナス遺産が明らかに多い時には相続放棄という方法もありますし、プラスかマイナスかよくわからない場合には遺産相続をする人がプラスの相続財産を弁済の限度として相続する限定相続を言う方法もあります。限定相続ではマイナス遺産をプラス遺産で弁済してまだ遺産が残っていればそれを相続するのです。

ただし、このような相続放棄をする場合には注意しなければならない3つの大きな注意点があります。

一つ目は相続人が相続放棄や限定相続をする場合には相続人が被相続人の死亡を知った時から、3ヶ月以内に家庭裁判所に必要書類を添付して「相続放棄申延書」を提出しなければなりません。3ヶ月以内に相続放棄か限定相続の手続きをしなければ、単純承認とみなされることになり、通常の遺産相続の手続きになってしまいます。ただし、3ヶ月で判断がつきにくい場合などには家庭裁判所に期間延長を申請することも出来ます。

二つ目には相続人が相続放棄や限定相続をするためには、相続人が相続する相続財産に一切手をつけてはいけないというです。もし、相続人が相続財産に手を付けたことになれば、その時点で上記の単純承認したとみなされて、相続放棄や限定相続は認められなくなります。もちろんですが、相続財産に手を付けたのが、3ヶ月以内であっても同じことです。

最後に相続人がいったん相続放棄や限定相続をしてしまえば、後になっての撤回は認められることはありません。それが3ヶ月以内であっても撤回することは出来ません。ただし、相続人の意思に反して相続放棄や限定相続がされた場合にはこの限りではありません。

相続放棄についてもっと詳しく知りたい方は相続放棄の相談窓口に相談してみると良いでしょう。