出会いが不倫だった場合

男女の出会いは運命ともいえるものです。相性の合う人と巡り合うという事は意外と難しいものです。一生懸命相手を探そうと思うとなかなか見つからないこともあります。婚活としていろいろな場に出て行っても、出会いが生まれないこともあるのです。

そのような中で、お互いに魅力を感じ合ってお付き合いができるという事は非常に素晴らしいことといえるでしょう。しかし、場合によっては注意しなくてはならないことがあります。付き合ってはいけない相手とかかわってしまう場合です。特に自分に非がなくても、相手が家庭を持つ人であった場合は不倫として許されないものになってしまう事もあります。いくら本気であっても、法に反してはいけませんし、誰かを傷つけるものであってはいけません。相手に家庭があるという事は、不倫の付き合いを公にすることで配偶者や子供が苦しむという事でもあります。

だからこそ、家庭がある方との出会いでは家庭に配慮をしなくてはなりません。もちろん、人を好きになってしまう気持ちについてはとどめることはできません。それならばそれとして、きちんと現在の家庭を清算し、そのうえでお付き合いをするべきです。うまく付き合いたいからと家庭があることを隠していてはいけません。もしゆくゆくは離婚するとしても、あなたがこれから負うことになる慰謝料や養育費を不倫相手と共に背負っていくことになるのです。それは不倫相手にもあらかじめ知っておいてもらったほうが未来を考えたうえでは良いでしょう。