バストアップの方法について

バストアップをするときに一番最初に思いつくのが腕立て伏せなどをして胸の筋肉を大きくすることかもしれません。しかし筋肉をつけることで胸が大きくなるというのは間違いだということは、女性アスリートやボディビルダーのバストが鍛えているにもかかわらず大きくないことでわかります。

一番簡単なバストアップの方法は、体に脂肪をつけることです。妊娠をすると女性ホルモンの働きによって脂肪をため込みやすくなるために誰でも胸が大きくなることがそれを証明しています。

腕立て伏せなどをすると全身の筋肉の量が増えるために、基礎代謝量が1日あたり200キロカロリー程度増えてしまいます。1日200キロカロリーを余計に消費すると1ヶ月あたり1キログラムずつ体重が減るので、バストはどんどん小さくなります。

バストアップサプリメントは、女性ホルモンと似た成分が含まれていて、バストを大きくすることができます。また食欲を抑える成分や食物繊維などが配合されているので、最小限の体重増加で胸を大きくすることができます。

豆腐やザクロなどにも女性ホルモンに似た成分が含まれているので、食べていると女性らしい体つきになりますが、食欲をコントロールしないと体重増加してしまう可能性もあります。また食べ物を食べて胸を大きくするためには、カロリー摂取量を増やさなければならないので、サプリメントに比べると体重のコントロールが難しくなります。

女性の胸の大きさに関してはさまざまなホルモンの働きが関係しているので、成長期に成長ホルモンの分泌を増やす働きのある肉類や乳製品などを積極的に食べていると身長が伸びるだけでなく胸も大きくなります。身長が伸びても胸が大きくならない場合は、家族性の遺伝の可能性があるので、矯正下着を使用するなどの物理的なバストアップ方法を考える必要があります。

痩せていてバストが小さい女性の場合は、脂肪を体につけることで胸が大きくなる可能性があります。脂肪を体につけることで、胸だけでなく、おしりの部分にも脂肪がつくようになるので、胸とおしりの形を整えるために、軽い負荷で筋力トレーニングをすると自分に自信が持てる美しい体つきになります。