過去に大きな借金をしたなら過払い金請求を考えよう

過払い金請求という言葉の意味を、あなたは知っていますか?

この文字を見て、払いすぎたお金を返してもらうということはわかっても、何を払いすぎたのか、なぜ返してもらえるのか、よくわからないのではないでしょうか。

そもそも、借金を返す時には、借りた時に決めたやり方できっちり返しているはずです。

もし多く返しすぎているなら、その時点で気付くはずですよね。

ですから、多くの人は自分には関係ないと思っているかもしれません。

しかし、必ずしもそうとは言えないのです。

過払い金請求で返してもらえるのは、払いすぎた利息です。

ここでまた、「契約したとおりの利息しか払っていないはず」と戸惑ってしまうかもしれませんが、実はここに落とし穴があるのです。

日本には利息制限法という法律があり、この法律ではお金を貸す時の利率は最大でも20%と決められています。

これは借金の額が10万円未満の場合の話で、10万円以上100万円未満の場合には18%になり、100万円以上では15%となります。

しかし、あなたが借金をした時の利率は、これ以上だったのではないでしょうか。

それは明らかに法律に違反しているわけですが、この利息制限法には、なんと罰則規定がありません。

そして、利率に関する罰則規定がある出資法では、これ以上の利率が上限とされていました。

この上限は何度も引き下げられ、2010年には20%となりましたが、たとえばそれ以前、2000年までの間は29.2%でした。

そのため、多くの貸金業者がこの数字を上限と考えていたのです。

ですから、もしあなたが利息制限法で定められた以上の利率で契約し、借金を返していたなら、「払いすぎた利息」が存在するわけです。

これを返してもらうのが過払い金請求です。

過払い金請求を個人で行う事は不可能ではありませんが、貸金業者がすべて紳士的とは限りません。

また、ある程度の金額のやりとりをする以上、素人では難しいのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

そうした場合には、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

もちろん、弁護士の仕事にもいろいろな分野がありますから、大勢の弁護士の中から、過払い金請求に強い弁護士を選ぶ必要があります。

今はネット上の過払い金請求の評判ランキングなどで、弁護士の評判を知ることができます。

弁護士選びの際には、そうした情報も参考になるはずです。