アイカツというアーケードゲーム

アイカツというアーケードゲームをプレイしてきた。

まずアイカツは自分の設定したアイドルに自分の持っている衣装のカードを使って衣装を着せてアイドルのパフォーマンスをするというリズムゲームだった

衣装のカードは一枚百円で排出されて主にトップス、スカート、シューズ、アクセサリーなどの種類があった。

リズムゲーム自体は難易度が幅広く設定されていて簡単、普通、難しい、すごく難しいなどがあったこれで年齢層の低いユーザーから、年齢層の高いいわゆる大人向けの設定にもなっていた。

このゲームの魅力はやはりアイドルになれるポイントとカードを集めてコレクションするポイントの2つだと思う低年齢層はアイドルになったつもりになって

ゲームをプレイして楽しみ大人はカードをコレクションする趣味性に惹かれるのだ、そしてそこにリズムゲームのゲーム性が加わって小学生向けながらここまで大人のユーザーを取り込むことに成功したのだろうと思う。

余談だが後で調べたらアイカツをプレイする年齢層の高い男性を俗にアイカツおじさんと呼ぶらしい。