トイプードルのトリミングを自分ですることで節約する

黒のトイプードルをわが子のようにかわいがっていますが、トリミングをいつも嫌がることと、生活費の高騰でちょっと節約したくなってきたこと、そしてたまたまペットショップのコーナーを見ていたらヘアカットのための一式が売っていたということもあり、自分でトリミングをしてみようかなという気持ちになりました。うまくできるかはわかりませんが、短く刈ればそれなりになるという思いもありました。

いざやってみようとすると、愛犬がやはりかなり嫌がるのがわかりなかなか思うようにカットができないということがわかりました。それでも足がもわもわとしていたのでなんとか4本の足だけはそれなりにカットができて、ボディのほうがあまりカットができませんでした。愛犬が暴れるのでこれが限界かなと諦めてカットした毛を落とし、シャンプーをしました。

すると仕上がった愛犬が、足が細くて体がぶくっと太っているようなアンバランスが体型に見えてしまうような格好になり、これではあまりにも不細工ということで翌日もう1回カットに挑戦しました。するとまずまずボディをスリムにすることができて、すっきりとまとめることができました爪も切ってあげてそれなりに見ることができる格好になったので安心しました。トリミング代を節約することができて喜んでいます。

Tさんがブログをはじめたそうだ(http://yaplog.jp/mz53ig5/archive/2)。

This entry was posted on 2016年5月5日, in 日々の話.

今日は料理作るのしんどかったからやらない日

今日は1日しんどかったから、料理は一切しなかった。

今日食べた食事の内容

朝 チョコパイ

昼 マクドナルドでドライブスルー

夜 パスタ(ゆでて市販のソースをかけただけ)

ひどいもんだ。

見事に炭水化物ばっかり。

ちなみにマクドナルドは照り焼きチキンバーガーを食べた。

照り焼きチキンバーガーが最もおいしい。

明日からはきちんと頑張る。

ちょっと疲れて家族に八つ当たりしてしまった。

自己嫌悪。

でもチョコパイおいしかったから嬉しい。

まだ残ってるから明日食べよう。

そうだ、おやつにアイスも食べたのだった。

最中にチョコとバニラが入ってるのね。

アイスはやっぱりこれでなくっちゃ。

明日からは、常備菜を作ってできるだけ野菜を取るんだ。

レタスがあるから、それでサラダを作ろう。

炭水化物ばっかり食べてたらちょっとおなか周りが..・・・。

ランニングでも始めてみようかな・・・。

This entry was posted on 2016年4月18日, in 日々の話.

もう少しでスマホが手に入る!

世の中の携帯は今やほとんどがスマホですね。私は未だガラケーを頑張って使っています。本当は早くスマホに替えたいんですが、今解約すると違約金が発生してしまうので・・。

でもそんな悩みもあと少しです。再来月には契約が切れますから、やっとスマホに替えられます。どんな機種にしようか、何処の会社にしようかって、今からワクワクしています。

昔は大手キャリアしか選択肢が無かったけど、今は色々と会社が出来たので選びがいもあります。プランも自分の使用する程度に合わせて選べるのもほんっと有難いですね。

スマホに替えたら、仕事の休憩時間に株式の注文をしたいです。会社のパソコンで株取引をしたら、管理部門からきっと怒られると思いますから。後はチケットの申し込みにも活用したいですね。人気のチケットは、仕事が終わってから注文するのでは遅いですからね。

スマホを入手したら、便利で楽しみな事が増えそうですが、仕事に身が要らなくなりそうです。

This entry was posted on 2016年4月14日, in 日々の話.

『ドン・カルロス』について(人道主義)とその余波

『ドン・カルロス』(1787年)は、シラーの韻文戯曲5幕です。

主人公の「ドン・カルロス」は、「ドン・カルロス(ドン・カルロス・デ・アウストリア)」の事です。

すなわち、スペイン国王フェリペ2世の長男カルロス王子がモデルとされます。

所謂、新時代への人道主義の思想を象徴する友人ポーザ侯爵に支えられて、思想的に成長するプロセスを描くとされます。

腐敗したスペインの宮廷とネーデルランド地方でのスペインでの圧政を描く韻文歴史劇です。

他方で、カルロス4世(1788年から1808年)の王子に、「ドン・カルロス」(生没1788年-1855年)がいます。

兄であるフェルナンド7世(1814年から1833年)の王女イサベラ(1833年から1868年)が即位すると、保守勢力に支えられて、カルロス5世を称して、摂政マリア・クリスティナに対抗します。

しかしながら、ドン・カルロスは敗れて、フランスに亡命します。

これを、カルリスタ戦争(カルロス主義)と呼びます。

さらに、「ドン・カルロス」(生没1818年から1861年。長男)の弟ドン・ファンの子に、「ドン・カルロス」(生没1848年から1909年)がいます。

つまり、「ドン・カルロス」(生没1788年-1855年)の直系の孫です。

「ドン・カルロス」(生没1848年から1909年)は、カルロス7世を称します。

しかしながら、1860年、王位継承権の放棄を条件として、釈放されて、フランスへ亡命します。

すなわち、スペイン王家(=ブルボン家)の男系の末裔が、カルロス7世(称)です。

だから、カルロス7世は、フランス国王ルイ14世(1643年から1715年。「太陽王」)の直系の7世でした。

現在のスペイン国王は、スペイン国王イサベラ女王の末裔です。

This entry was posted on 2016年4月13日, in 日々の話.

ママ友と悪戦苦闘のピザづくり

ママ友と一緒にピザを作ったのですが、完成に至るまでそれはそれは大変でした。

何故ここまで苦労したのか?というのも、お互いの子どもである1歳児が2人いたからです。私達がピザづくりをあーだこーだ言いながら作業を進めていく最中、2人は初めは仲良くおままごとをして遊んでいたものの、次第に片方がもう片方へ、殴ったり蹴ったり投げ飛ばしたりと言わば暴力がヒートアップしていったのです。それでも受けている方はめげずにまた一緒に遊ぼうとしていたのですが、同じことの繰り返しで最終的には近づいてきただけで号泣するまでになってしまいました。私たちは早めに作業を終わらせ、即座にピザをオーブンへ入れ焼きました。そして、何ということでしょう。美味しそうに出来てはいるものの、ピザに欠かせない“あるもの”を忘れていたのです。そう、なんとチーズを振りかけるのを忘れていました。

出来上がったピザを皆で食べる頃には子どもも泣き止んでおり、チーズがないピザも中々いけるね!とお互いを励ましつつ、皆で物足りないピザを食べました。しかし、チーズがなくても生地が美味しかったのでまあ良しとしましょう!

This entry was posted on 2016年4月11日, in 日々の話.

仕事中や仕事後に感じていた老いを性力増強剤で撃退です

若い頃には何とも思わなかったことが、年を取るとキツくなることって多いですよね。私が体力面の衰えを顕著に感じるのは、やはり仕事をしている時と終わった後ですね。

若い頃は集中力がずっと持続していたためか、仕事をしていても没頭して取り組むことが出来ていました。そのため時間の経過も早く感じられ、「えっ!もうこんなに時間が経っていたの?」と思うこともしばしばでしたね。ところが年を取ってくると、この集中力が続かないんですよ。数分やっては疲れたと椅子の背もたれに体重をかけたりしてリラックス、また少し仕事をするとちょっと気分転換とばかりに社内をウロウロ。ハッキリ言って、自分でも労働効率が悪すぎるなと反省しきりです。

そして仕事が終わった後もまた、年齢を感じることが多くなりましたね。若い頃であれば仕事終わりにちょっと一杯なんて街に繰り出したりしていたのですが、年を取ってくるにつれて今日はもう早く家に帰りたいなと思うようになってしまいました。まぁ、実際に家にいると落ち着くので良いのですが、よくよく考えると家にいて落ち着くという考えすら若い頃には無かったなと思うんですよね。そうなるといよいよ焦りが出てくるわけです。個人的にはいつまでも若々しくいたいとは思うのですが、やはり自然の時の流れに抗うことはできません。そこで大切なのは、自分の年齢を素直に受け入れ、若い頃とはもう違うのだと納得させることなんですよ。これが上手くできないと、身体と心のバランスが崩れてしまって大変な思いをするようになるわけです。

しかし素直に受け入れたからと、落ちていく体力が好転するわけではありません。そこで大きな助けとなってくれるのが、性力増強剤なんですよね。精力剤というと夜の生活を想起されると思いますが、あれはあくまでも使用例の一つに過ぎません。精力剤は日常の生活に必要な栄養素がタップリと詰め込まれていますので、落ちていく体力を補完するのに役立つんですよ。

私は知り合いにすすめられて性力増強剤を飲み始めたのですが、飲み始めてからは集中力の持続が復活し、帰宅時も疲労感を以前ほど感じなくなりましたね。会社でも「何か最近若々しくなりましよね」と言われるようになり、私もそれを自覚しています。人生80年の時代ですからね。まだまだ老け込んでなんかいられません。性力増強剤を飲んで、これからもバリバリ頑張りますよ。

This entry was posted on 2016年4月8日, in 日々の話.

フコイダンを飲んでいればきっと変わる私の人生

なんとなく私の生活にはフコイダンが必要な気がしてきているんですよね。

サプリでとることができるので、もっと私も引き締めなければなりません。

できるだけ食事でとれるほうがいいのですが、フコイダンってあまり栄養からとることを想定していませんでした。

毎日、なんとなく食事をとっているのと、意識しながらとっているのとでは大違いなんです。

だんだんと食事をすることも難しく感じてきたので、この際だからとフコイダンの入っているサプリを飲むことになりました。

いろんなメーカーから発売されていて、どれがいいのか正直わからなかったんです。

ただ、お母さんが飲んでいるメーカーでいいものがあったので、同時に注文するようにしてみました。

同時に注文をすることにより、多少ですが割引もあるのでお得になります。

人間、とういか、女性は割引に弱いので、やっぱりお得感を考えると得策なのではないでしょうか。

私も母もお得になるとしたらこの手を使わないという方法はありえません。

ただ、ずっと続けるとなればお得な購入方法の方がいいに決まっていますから、なんとしてでも続けていきたいですね。

サプリメントは体のためになるものなので、やっぱり気がついた時からがスタートする時でしょう。

私は今まであまりいい食生活をしてこなかっただけあって体には無関心なように思えますが、実際には気になっていることもありました。

弱点を克服するためにはやっぱりできることをしなければいけませんから、サプリは飲むべきでしょう。

This entry was posted on 2016年4月8日, in 日々の話.

数年ぶりにフリゲをプレイしています

最近フリーゲームへの熱が復活して、いろんなジャンルの作品をプレイしています。

今のフリゲってキャラクターに声が付いていたり主題歌があったりで、これがタダでいいのかっていうくらいクオリティが高くなっていますね。

一般的に売られているゲームだとほどんど見かけなくなってしまったドット絵も良く使われていて、プレイしているうちに子供の頃を思い出したりして、1人で懐かしさに浸っています。今の子供から見てドット絵はどうなんでしょうか?スマホゲームのテレビCMを見る限りでは抵抗とかはないのでしょうか。流石にファミコン時代のものはキツイかもしれませんが…。

個人的にスーファミの頃のドット絵の優しい色合いが好きなので、ツクールやウディタのゲームは大好きです。キャラクターが何らかの仕草をしたりするのをみるとほっこりします。

でもいくらタダだからって、気に入ったのを片っ端からダウンロードしなくても良かったんじゃないかな自分。まだクリアしていないゲームの数を考えるとちょっと頭痛がしてきます。楽しいから良いんですが…。

This entry was posted on 2016年4月5日, in 日々の話.

薬剤師として転職するための注意点

薬剤師という職業は、女性にとって働きやすい職場も非常に多く、安定して仕事ができるということで、人気の国家資格となっています。

さらに、女性の育児休暇制度など、女性が働きやすい環境が整っているといえるでしょう。

しかし、ブランクを得て、転職をしたり、復帰をする場合には、さまざまなことを覚悟しておかなければなりません。そこで薬剤師として転職するために気を付けなければならないことについてご紹介します。

まず、薬剤師として復帰を考えている場合には、元の職場に戻って働くという方法と、新しい職場に転職するという方法があります。しかし、これらはどちらもメリット、デメリットがあるといえるでしょう。

まず、元の職場に復帰して働くという場合、新しいところに転職をすることと比べて、慣れなどがあるから働きやすい、と感じるかもしれません。しかし、実際のところ、復帰したときには、既に以前までのメンバーはいなくなってしまっており、人間関係もがらっと変わり、システムなども違っていることも多いのです。

薬剤師というのは、転職の多い職業なので、元の職場に復帰したからといって、以前までと同じように、スムーズに働くことができるとは限りません。このため、新しい職場に転職するのと同じぐらい、違和感を感じることもあるようです。転職や復帰をする場合には、雇用先の人間関係や労働環境、また募集要項について詳しく事前に調べておくことが、薬剤師募集の際に失敗しないコツであるといえるでしょう。

また、新薬が発売されたり、新しくシステム化されたりなど、薬剤師の世界は常に進んでいるといえるでしょう。このため、自分自身でも転職をするに伴って、勉強をして追いついていくという努力が必要となります。薬剤師は常に勉強をし続けなければいけない職業なのです。

最近では、薬剤師の転職や、復帰などを応援する、復職支援スクールというものなどもあり、復職をしたい、と考えている薬剤師が薬剤師の業務に関することを学ぶことができたりするスクールなども存在します。

また、転職コンサルタントや、転職アドバイザーなどのアドバイスを受け、より良い転職先を見つけることもお勧めの方法です。

This entry was posted on 2016年4月4日, in 日々の話.

カレーライスが好物すぎて困っています

前夜食べ過ぎた影響か朝から腹具合が悪いのですが、何度もトイレに行ったり来たりしながら、また朝食にも昨晩の残りのを食べてしまうほど私はカレーライス好きですが、もちろん器は黒っぽいものを使っています。

さすがに白っぽいものだと、便座や便器についたアレを連想してしまいますので。

ところが驚いたことに家人の中には白い器でも平気な輩が何人かいたりします。

いつも私が食器洗い担当なので、黄色く染まったお皿を見るたびに気持ちの悪い思いをしていますが、それも一瞬で、さっとお湯で洗い流してから洗剤をつけて再度洗うので気持ちが悪いのは最初だけで後は特に問題ありません。

たとえ炭水化物ダイエットしていたとしてもカレーライスの日はお米のご飯を大量にいただいてしまうことが許され、おかげでそれまでのダイエット効果を台無しにしてしまう恐れがあるのですが、そんなことがどうでもよくなるくらいに私はカレーライスに目がありません。

いくらカレーライスが国民食とはいえ実に困ったものです。

This entry was posted on 2016年4月2日, in 日々の話.